資産10億のライフスタイル

筆猫日記

喧嘩 筋トレ

プロレスラーと喧嘩した時の話。プロレスラーは強い

投稿日:

実は私はプロレスラーと喧嘩したこともあってその時の話をします。とあるバーでの出来事で、突然後ろから持ち上げられ投げ飛ばされて頭にきたので喧嘩になってしまいました。あ、ちなみに相手は190センチで120キロ、場所もアメリカでの出来事です。

恐らくWWEの遠征先だったのでしょうか、喧嘩した相手は見たことのある顔でした。

 

喧嘩の原因

そのバーはどうやら彼のお気に入りの指定席だったらしく彼を怒らせてしまったようです。とにかくお互い銃を持っていなくてよかったですね。冷静になってしまえば何とでもいえますが、喧嘩のときの緊張感だと冷静な判断ができなくなってしまい何が起きても不思議ではありません。

私も謝ればよかったのですが、「日本人は店の隅で座禅でも組んでろHAHAHA」これで私も頭にきてしまいました。最後はお互い顔面ぼこぼこになってしまいましたので後で後悔しましたが・・・

 

プロレスラーの腕力

昨今、総合では弱いなどと言われていますがとんでもない、プロレスラーは喧嘩強いです。

総合格闘家やボクサー、軍人とも喧嘩したことがありますが、プロレスラーはとにかく大きく打たれ慣れているので喧嘩では強かったですね。

そして力も強かったです。喧嘩の最中に流れで腕相撲をしたのですが腕相撲は私が負けてしまいましたからね。

最終的には地元の漁師に割って入られてお互い消化不良のまま喧嘩は中断したのですが、恐らくこれもお互いほっとしてもいました。あのまま続けていたらとんでもないことになってしまっていたと思います。

 

プロレスの試合

その後仲直りしたんですが試合のチケットをくれたんですよねそのレスラー。

驚いたのは喧嘩してぼこぼこになりながらもそいつは何食わぬ顔でプロレスの試合をやっていたんです。これがプロレスラー魂か・・と感心させられましたよ。

最後にF5って技をしてたんですが私には何のことやらわかりませんでした。ただとにかくすごい人気と凄い試合でしたね。もう一度喧嘩、いえもう一度プロレスの試合を見に行ってみたいものです。

 

筋トレ

日本では筋トレの文化がありませんが、アメリカでは当たり前のようにみんなやってますね。

刑務所にすらベンチプレスがあるぐらいですしあれはもうアメリカ文化といっていいのではないでしょうか。私もアメリア暮らしの経験があるので習慣としてトレーニングを行っているのですが、どうもプロテインだけは肌にあわないですね。

私はタマゴや牛肉などたんぱく質豊富なオーガニックな食品で賄うようにしてます。お金はかかりますけどね、でもしっかりカロリー計算などすれば充実した食生活を送れます。

牛は自分の家の牧場で飼っているので少し気が引けますけどね、これが本当の自給自足だなつってよくわからない理由で自分を納得させてます。とにかく日々鍛錬です。

 

-喧嘩, 筋トレ

Copyright© 筆猫日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.