資産10億のライフスタイル

筆猫日記

運がいい話

宝くじで1千万当選した話

投稿日:

今日は宝くじで1000万あてたお話をします。ウォンではなく勿論円です。

基本的にギャンブルの類には興味ないのですが、その日は友人同士で集まってわいわい宝くじを買う雰囲気になってしまったので、一人だけ買わないのもノリが悪いと思われそうで買うことにしました。

「ああ、持ってるものが違うから俺だけ当たるんだろうな。」

そういう予感はしていましたが的中してしまいました。300円のくじが1000万です。実は以前にその友人らの前でスクラッチで50万あてたことがあり、その時は50万をパっと使ってしまったので、1000万は欲しい釣り竿があったので、できれば自分のために使いたいなぁと思っていましたが、後ほど1000万あたったこともバレることになります。

ちなみに私の運なら3000万ぐらい当たると予想していたのですが、1000万だったのは少し以外でした。

 

運を信じるもの

連れの中に運の存在を必要以上に信じている女性がいて、その人に何となく目をつけられている感じはしました。

(私も運という概念は理解しているつもりですが、結果論や人間の推し量ることのできないややこしい要素を都合よく運と解釈している点も多いにあると感じていて、実際に運が存在するのかについてはかなり懐疑的)

私が要所要所で幸運なことに注目していたみたいです。

なんと私の宝くじの番号を控えていて、後々自分の番号と一緒に当選番号と照らし合わせて私が1000万当選者ってことを知られる事になったのです。

いやあ世の中にはいろんな方がいます。

 

結局200万おごることに

結果からいいますとそうなりました。200万むしり取られました。

夜の世界で活発に働いていて収入は十分あったはずなんですが、リッチなだけにお金の使い方をいろいろ知っていて大金をおごるハメに・・・

高級メロン、パソコン、電マ、ダブルベッド、ネグリジェ、そいった類のものを買ってあげたと記憶しています。綺麗な女性だったので私もつい淡い期待をしてしまってましたが、最後には嫌われてしまいました。

別にこっちもそこまでやる気はなかったのですが、ラブホテルの前で土下座しているときに「いい加減にして!」とキレられてそれっきりです。いやあ今となっては甘酸っぱい思い出です。皆様も女性には気を付けてください。

 

もう宝くじは買わない

いつかお話する予定ですが、私はラスベガスのカジノなんかでもかなり勝ってしまうほうで、何か見えない力が働いているのかなと感じています。

なのでパチンコや競馬や宝くじなどもやると基本的に勝ってしまうことがほとんどなんですが、自分の中でこういうところで運を使いたくないという気持ちもあるので、やはり今後の人生でもうギャンブルをやることはないでしょうね。

自分としては運はもっと有益なことに使いたいと考えています。ということで今日は宝くじに当選したときのお話でした。

-運がいい話

Copyright© 筆猫日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.